戻る


心臓カテーテルと硝子体手術

心臓カテーテルはウエルナーによってレントゲン室で安全を証明された。彼は自身の身体を使い証明した。これが実際に実用化されるのはずっと後のことである。

眼科で現在多く行われている硝子体手術、これは最初、卵の黄味を外部から取り出す方法を考えた眼科医によって考案された。その後、改良が重ねられ現在に至っている。