院長ゼミナールに戻る


小平市 医師会 研修旅行

白矢 勝一

 朝九時頃バスに乗って谷根千散歩にでかける。谷根千(やねせん)とは、東京都文京区から台東区一帯の谷中(やなか)・根津(ねづ)・千駄木(せんだぎ)周辺地区のことで、東京の下町風情が残るエリアである。
小平医師会研修旅行は日本の医学の歴史を探索することで広く知られている。道行く人々はかの格調高き人々はいかなる団体であろうと振り返り、その雄々しき姿に感銘を受けたことであろう。とにもかくにも小平医師会研修旅行はちょいと一味違った趣のあるものである。
さてここに旅の記憶を留めおくよう仰せつかったが、この研修旅行を記すに至り幾分客観性を欠くことになったがお許しいただきたい。
バスは東大農学部正門に着いた。この正門には東大紛争時代、農学部自治会委員長、副委員長立候補者として私の名前が大きく張り出されていた。この学内でアジテートしたりデモをやったり…本気で日本を変えるつもりでいたのである。東大医学部の封建的な医局制度への抗議から端を発した紛争は教養学部、文学部へと若さ、情熱あふれるところへと波及し全国に広がっていった。最近ようやく学生たちがかわいいデモをするようになってきた。浅薄で情緒に流されてはいるが若いということはいいことである。行動が頭より先に出るという行為は東大紛争以後当局によって筑波法がつくられ皆無となっていた。霞が関は毎年のように法律をつくり自分たちの都合のいいように国民の行動を制限してきた。しかしようやく今回の安保法案で感情的に動く学生がでてきた。よく考えず損得なしで行動する若者がでてきてこそ日本は元気になる。「イギリス人は歩きながら考える。フランス人は考えた後で走り出す。スペイン人は走ってしまった後で考える 」最近の日本人は歩いてはいるが他人の眼を気にしすぎいつも考えすぎていたのではないかと思う。今回の若者のデモはスペイン的だ。日本はアメリカの属国なのである。それを肝に銘じておくべきである。原爆を落とされ、空襲で爆弾を落とされ、軍事基地を置かれても一切文句が言えない。経済的にも軍事的にも属国であるから従うしかない。安倍首相が支持率が下がっても法案を通した理由はアメリカのいうことを聞くしかないということだ。
なにはともあれ当時はよく損得を考えず無茶をやったものである。学舎に立てこもった当時の紛争時代を思い出しながら、構内へ。
   我々の時代は渋谷のハチ公前、六本木のアマンドなどが待ち合わせ場所として名をはせていた。ところが最近農学部校内に忠犬ハチ公の像がつくられ観光名所となったようだ。しかし私にとってはやはり奥にある校舎の最上階が一番懐かしく思えた。当時そこに泊まり込み、夜遅くまで友人たちと議論していたものだ。紛争時代を思えば平和で静か、退学にもなった学生がいたのが夢みたいなものに思える。
農学部正門を後にして根津方面に歩いてゆく。東京聖テモテ教会のそばを通る。この教会は歴史のある建物だったそうだが、戦争で焼け現在の建物になっている。東大の周りにはキリスト教会が多いそうだ。その理由は頭のいい人材をキリスト教徒にしたいとの考えがあったとのこと。坂を下りて根津神社に向かう。
 この谷根千には100以上の坂があるそうだ。坂にもいろいろな形や歴史があって名前がついているとのこと。そういえば学生時代向ヶ丘寮から夜よくお化け階段を通って仲間たちとそぞろ歩きをしたものだ。当時お化け階段の下り口に高い塀があった。そこに地面から2メートル達する黄ばんだ幾条かのシミが認められた。その幾何学的文様は日々変化し、地域の名物となっていた。道行く人々は、これは如何なる意味があるのだろうかと首をかしげたものである。現在はこの階段は下りるときと登るとき階段の数が違うということでおばけ階段と名づけられたということになっている。しかし当時の奇怪なこの文様がこの名称を与えたと言っても過言ではないと思う。つまりこの階段の歴史的名称は我々向ヶ丘寮生の日頃の行いのタマモノである。
   当時寮生は誰彼となく飲み屋を求めて上野方面に出かけたりお化け階段へと向かったりした。そのうちの何人かが戦に出向く前に出すものは出しておこうと、一斉に壁に向けて放出するのである。誰が一番高く飛ばせるか?剣道部のT君はなんといつも頭上超えをやり、常に他を寄せ付けずトップであった。そのT君はその後腎臓を患ったということである。諸氏、飛ばしすぎには注意すべし!である。
我々が卒業したのち、その壁は取り壊され階段も今はきれいに舗装されている。今では語るものもいなくなったおばけ階段の由来をここに記すことができ日本の歴史に残せたこと、のちに記す渡辺淳一の小説ほどではないが隠れた真実を後世に伝えることができたことを誇りに思う。
根津神社に来る。根津神社は私が寮生であった頃とほとんどかわっていない。ツツジの頃はとてもすばらしい。乙女稲荷は最近外人にも人気があるとのこと。学生時代は女性とともに夜の風情を楽しんだ輩も多かったように思う。坂道を上り日本医科大学に向かう。そこを通りながら医学の歴史にちょいと触れさせていただいた。長谷川康による済生学舎は3年で卒業することになっており、ここを出て医術開業試験を通るものが多かったそうである。その人たちの中で有名なのが野口英世、荻野吟子、吉岡彌生である。野口英世や吉岡彌生は語るに及ばずであるが、荻野吟子については一言述べておきたい。。
 渡辺淳一の『花埋み』という小説を読んだのはいつのころだったろうか。渡辺淳一は不倫の中に本当の愛があると公言し『失楽園』などとみに有名である。恋を妨げる大きな壁があってこそ犬も食わない愛でも燃え上がる。さもありなん、さもありなん。
それはさておき、この作品が一つあるだけで彼の評価は大きく変わってしまうだろう。彼が大学病院医局の当直室を掃除させられたとき「北海道医報」という、道医師会で出している小冊子を偶然見つけたのである。その中に「日本で最初の女医来道す」という見出しで、荻野吟子のことが書かれていた。それが荻野吟子を知るきっかけであったそうだ。こういうことがなければ荻野吟子は永遠に歴史の闇に埋もれていたかもしれない。
十代で結婚、夫に性病(淋病)をうつされ約2年で離婚。東大大学病院に入院するが、担当医はすべて男性であり、とても恥ずかしい思いをする、このつらい経験から「女医が必要である」 と考え医師になることを決意するが、ここからが大変だ。
学校では男子生徒にトイレのドアをドンドン叩かれたりする嫌がらせの連続。優秀な成績であったにも関わらず医師国家試験が受けれなかった。

しかし多くの人の助けと彼女の熱意が実り、ようやく受験が認められ1884年と1885年に前期後期にわかれて行われた医術開業試験で、悲願の合格、こうして日本に女医第一号が誕生した。このとき35歳。女医になることを決心してから十数年が経過していた。
彼女の人生は波乱に満ちたものであった。再婚し北海道へ。渡辺淳一は彼女の生涯の最後の最後まで書いている。この一冊は日本の医学の歴史にとっても重要なものであろう。済生学舎の廃校後、関係者が在校生の救済のため創設したのが、後の日本医科大学に発展する日本医学校だそうだ。私が学生のころ東大向ヶ丘寮と日本医科大学とは近かったのでよく雀荘で会ったものだ。当時を思い出しながら解剖坂を通る。えらい急な坂である。昔はホルマリンのにおいがしたそうな。
次に夏目漱石旧居跡を見る。
夏目漱石は、イギリスから帰国後の明治36年から3年間ここに住んだ。この間、東京大学英文科・第一高等学校の講師として活躍する一方、処女作『我輩は猫である』を執筆し、この旧居は作品の舞台となった。『倫敦塔』『坊ちゃん』『草枕』等を次々に発表する。
なお、家屋は愛知県犬山市にある「明治村」に移築され公開されているとのこと。私が彼の作品に親しんだのは18歳ころである。高校の先生が漱石の由来を説明してくれ、またその各々の小説について黒板に書いて説明してくれたのを覚えている。「吾輩は猫である」「坊ちゃん」など痛快な作品から「道草」「草枕」など則天去私に至る漱石の心境を黒板に書いて説明してくれた。東京教育大学出の国語の先生は田舎育ちの我々にはとても新鮮に見えた。
漱石の由来は、中国西晋(せいしん)の孫楚(そんそ)は「石に枕し流れにくち漱(すす)ぐ」と言うべきところを、「石に漱ぎ流れに枕す」と言ってしまい、誤りを指摘されると、「石に漱ぐのは歯を磨くため、流れに枕するのは耳を洗うためだ」と言ってごまかした故事からだそうである。つまり自分の失敗を認めず、屁理屈(へりくつ)を並べて言い逃れをすることだそうだ。
千駄木ふれあいの森を通って、森鴎外記念会に到達。即興詩人や舞姫などなつかしい古本が展示されている。
漱石、鴎外、芥川などは高校生のころ大半読んでしまい、その後読んだことはない。しかし、今でもその内容を思い出せるのは歌謡曲と一緒で若いころ覚えたものはなかなか忘れないためだろう。「石炭をば早や積み果てつ。」ではじまるこの小説を何度高校生のころ読み返したことだろう。内容だけでなく文章が美しい、今思えば鴎外の実体験、結ばれない恋をそのままありていに書いた心情が心を打ったからであろう。
舞姫にでてくるエリスが鴎外に会いにドイツから来たという話を半信半疑で高校のころ授業で聞いた覚えがある。ところがどうも本当の話だったようだ。インターネットで下記のような記事を見つけた。
鴎外「舞姫」エリス特定? 教会の出生記録に名前、“別れ”後の職業も合致 独在住ライターが確認
モデルと判断した根拠として▽来日時の乗船者名簿にある「エリーゼ・ヴィーゲルト」と名前が合致
帰国後に帽子製作者として働いているのが、鴎外の妹の回想と一致
出生地のシュチェチンが「舞姫」の中にも登場
来日時に21歳という年齢も妥当、などが挙げられている。また、鴎外の娘の茉莉(まり)と杏奴(あんぬ)は、エリーゼのフルネームと、その妹(アンナ)から命名した可能性を指摘している。
ドイツ在住22年の六草さんは語学力や土地勘を生かし、2009年6月から半年間の現地調査でエリーゼの出生記録にたどり着いた。
「舞姫」発表から120年の昨年には、テレビディレクターの今野勉さんが鴎外の遺品にあった刺繍(ししゅう)用型板のイニシャルを分析し「15歳ルイーゼ説」を唱える著書を刊行。新説登場でモデル論争がまた熱を帯びそうだ。
即興詩人を読んだのは中学生のころである。この小説はアンゼルセンの小説を鴎外が美しい古文調で翻訳したものだ。何度も読み返し涙したのを覚えている。
ローマのベルベリーニ広場、トリトーンの噴水の雑踏の場面からこの物語は始まりまる。
イタリアにあこがれたアンゼルセンはこの国の各地を小説の中にちりばめている。アントニオとアヌンチャタの悲しい恋の物語。アヌンチャタの手紙の部分を何度も読み返し感涙。さて昔読んだ恋愛小説で今も覚えているのはと考えてみると「リンゴの樹」「緑の館」。すべて悲しい結末である。近松心中物語でもわかるように結ばれない恋ほど涙誘うものはない。
余談が多くなったが、この鴎外記念館に続く団子坂がこの旅最後の散歩コースとなった。団子坂は。漱石の「猫」「三四郎」。森鴎外の「青年」、二葉亭四迷の「浮雲」江戸川乱歩の「Ð坂殺人事件」にも登場。どれもこれも若いころ読まれた方が多いと思われる。正岡子規も『自雷也もがまも枯れたり団子坂』と団子坂の菊人形の様子を詠んでいる。
我々小平医師会の猛者たちはこの険しい坂道コースを終え浅草に向けてバスに乗った。
   バス中から浅草の問屋街が見える。包丁屋さんとか金物屋さん、瀬戸物屋さんなど歩いたら面白そうなお店が並んでいる。
浅草今半に到着。ここのすき焼きはうまい。江戸時代牛肉は将軍家への献上品、養生の薬と謳われた特権階級のものだったそうだ。ここの肉は品川屠場から直接のものだそうだ。
獣医学科にいたころ、この屠殺場を見学したことがある。多くの牛や豚が見る見るうちに湯気を立てながら肉に変わっていく。東京都の食欲を満たすにはどれだけ多くの命が失われることか。
英語では牛は生きているときはオックスとかカウ。豚はピッグである。肉になるとビーフとかポークとなる。生きている時と名称が変わるのである。日本ではそのまま牛肉、豚肉である。これは歴史の違いで目の前で牛や豚を殺して食べる習慣がなかったためかと思われる。これに対して鶏は昔から食べられていたから肉になると日本ではカシワと名を変えるのではと考える。
日本人は新鮮な魚を好んで食べる。いまでこそ寿司とか刺身が欧米人に受け入れられているようだが、昔は残酷だとか気持ち悪いとか評判は悪かった。文化の違いであろう。新鮮な牛肉は確かにおいしい。明治二十八年、百年を超える歴史の味を堪能して今回の旅を終えた。

(小平市医師会ニュース 第431号掲載 加筆あり)


院長ゼミナールに戻る